知性と華やかさを兼ねたドレス|結婚式の服装マナーは沢山あります

手を繋ぐ

アクセのマナー

主張しないアクセ

ドレスに袖を通して髪をまとめて、ハイ完了。これではちょっとさびしい。というわけで、結婚式に行くときには、ドレスの服装にアクセサリーを合わせて、オシャレ感を演出します。
いくら新郎新婦が主役と言ったって、集まる友人たちは「あらゆるオシャレを禁ずる」なんてことになったら悲惨です。ちゃんと、オシャレすべきところはしてこそ、良い結婚式が出来上がるのです。
地味な格好の人たちがゾロゾロ集まっても、あまり面白みはありません。
とはいえ、もちろん、結婚式の服装マナーが「どんなアクセサリーでもOKですよ」と言っているわけではありません。
むしろ、「アクセサリーはつけてもいいけど気をつけてね!」というのが結婚式の服装マナーの見解です。どんなものがいいんでしょうか?

慎ましいアクセ

アクセサリーとひと言でいっても、いろいろあります。ちょっと光があたっただけで激しく、まぶしく輝くような、何カラットもある宝石がくっついているようなアクセサリーがあります。
ジャラジャラと歩くたびに音がなるような、首からお腹の下くらいまで垂れ下がるようなネックレス……。
これらがNGであるということは、勘のいい皆さんならもうお分かりでしょう。
そう、服装マナー的には、派手すぎず暗すぎないというドレスの色調に合わせた、慎ましやかな色合いのアクセサリーこそがふさわしいとされているのです。
たとえばネックレスなら、パール系の、あまりギラギラと光を反射しないような、楚々とした輝きを秘めているような宝石を使ったアクセサリーが、望ましいと言われています。

Copyright© 2015 知性と華やかさを兼ねたドレス|結婚式の服装マナーは沢山ありますAll Rights Reserved.