知性と華やかさを兼ねたドレス|結婚式の服装マナーは沢山あります

手を繋ぐ

基本的なマナー

色を守って

結婚式の服装マナーとして、「これだけは守ってね」と言えることは何かと聞かれたら、私はこう答えましょう。
「絶対に、色は守りなさい」と。ドレスの色のマナーをやぶってしまうと、それ以後あなたは引きつった笑顔で友だちに迎えられることになるでしょうし、わるくいけば結婚式場でやんわり注意されるかもしれません。
本当に恥ずかしいことになっちゃいますから、まずは基本としてこれだけは守りましょう。
結婚式では、白で服装をまとめてはいけない。
まさにどこからどう見ても白であるという色や、光の加減によっては白に見えるような淡いピンクとか、その種の色は結婚式には甚だ……いいですか、甚だふさわしくない色として、断固として着てはいけないものなのです。
なぜなら、まじりっけなしの白はもちろん、白にしか見えないような色はすべて、その日、新婦だけが身にまとうことが出来る色なのです。

目立ち過ぎない

白や、白に見える色さえ避ければ結婚式の服装としては合格点を与えてもいいわけですが、必ずしもそれだけで満点をあげるわけには行きません。
なぜなら、「じゃあ絶対に白には見えない色にしよう」などと考えて目に突き刺さるような赤や、闇のような黒を選んでしまったら、それはそれで良くないからです。
結婚式の服装マナーの基本は、まずは「白はダメ」ということ。それから、「目立ちすぎる色はダメ」ということです。
その日は新婦が世界の中心となり、彼女だけが美しい存在となるのです。ゲストの服装としては、白も、きらびやかな色も、避けるべきなのです。

Copyright© 2015 知性と華やかさを兼ねたドレス|結婚式の服装マナーは沢山ありますAll Rights Reserved.