知性と華やかさを兼ねたドレス|結婚式の服装マナーは沢山あります

手を繋ぐ

ヘアスタイルのこと

清楚系

女の子とディープな話をしていると、「実は清楚な女子っていないよね」みたいなちょっぴり黒い話に至ったりするのですが、とにかく結婚式の服装としては、基本は「清楚系」を目指してコーディネートしてもらいたいものです。
本人の性格が清楚系であるかどうかはとりあえず置いといて、本当はギャルでもツンデレでも何でもいいのです、ただ外から見える服装としては、せっかくの結婚式の雰囲気を変な感じにしないように、マナーに気をつけましょう。
とはいえ、「服装」だからと言って服だけに気を取られていてはよくありません。ドレスコードを守った服装でまとめられるのは偉いことですが、髪型が間違ってしまったらすべてがオジャンになりかねないのです。
髪の先から足の爪先まで、すべてを清楚系でまとめ上げるということを、忘れないようにしましょう。

アップが基本

結婚式のヘアスタイルといえば、どんなものがふさわしいのでしょうか。
「とにかく清楚系で!」と上の段には半狂乱のように書いていますが、「だったら何?思い切って丸坊主にでもすればいいわけ?」なんて言う人もいるかもしれません(いないかな)。
答えから最初に書いてしまうのであれば、基本、「結婚式ヘア」といえばアップにするのが望ましいとされます。まとめあげ、結いあげて留めて、清潔な感じでまとめるのです。
バサッとロングで伸ばしたり、ポニーテールにしてみたり、というよりは、セクシーさも子供っぽさもとりあえず封じ込め、大人っぽさを前面に出せるようなアップな髪型を目指しましょう。

Copyright© 2015 知性と華やかさを兼ねたドレス|結婚式の服装マナーは沢山ありますAll Rights Reserved.